ホームサイトマップお問い合わせ
世界の良品 ラブロス ラブロス 会社案内 ラブロス 事業内容 ラブロス 商品紹介 ラブロス ニュース
 
お問い合わせ
ラブロス ダイレクト PC販売
携帯・スマホのSIMフリー専門店ワールドモバ
amazon ラブロスダイレクト アマゾン店
ダイレクトのつぶやき 裏話やお得な情報などなど
Yahoo!オークションストア ラブロス
MagicTube MT24W マジックチューブ
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!
Hantekデジタルオシロスコープ
バッテリー内蔵LED電球 MagicBulb
iPhone修理
MagicBulbパッと! マジックバルブ パッと!

2009年5月第4週 「台湾の事」

台湾は1895年から1945年までの51年間、日本の植民地でありました。
元々、台湾の歴史は浅く、歴史上に登場して400年ほどしかなりません。
その400年の歴史において、統治者は5回替りました。

1、オランダの支配
2、鄭成功の支配
3、清の支配
4、日本の支配
5、中華民国 蒋介石の支配

1894年の日清戦争以来、51年間 日本時代の特徴は「近代化」でありました。
台湾の方から「台湾 近代化の父、後藤 新平」の事を知っているかと聞かれました。
後藤新平、名前は聞いた事はあるが、「明治の政治家」と言うくらいしか知識はない。
台湾では尊敬されている人物と言う。

日本が台湾を領有した当時の台湾は、清朝支配の212年間、土着住民の昔ながらの生活が続いており、住民のほとんどは字も読めない極めて低い文化水準にあったのです。
高温多湿で風土病が蔓延、衛生状態も劣悪で、文字通り未開の地でありました。
明治政府は脆弱な財政事情の中、長年に渡り、国家予算の10%以上を台湾の近代化に投入したのでした。
思い余った議会では、台湾を1億円でフランスに売ろうと言う台湾売却論まで出たのでした。

明治の中期に日本に併合された台湾は、日本の近代化にそれほど遅れることなく、近代化を成し遂げ、30年はかかると見られていた財政自立を10年ほどで達成したのでした。
樟脳、サトウキビ、バナナ、パイナップルなど、台湾独自の産業を育て上げました。

日本政府は、台湾に後藤新平のような優秀な人材を投入、都市整備、下水道設備、教育施設の充実をはかり、教員も本土の人材を送り込みました。
今に続く、台北のきちんと区画整理された、町並みは、後藤新平が創ったものでした。

取引先の年配の社長さんは、今でも、日本の先生を台北に招いて、同窓会をしていると言っていました。仕事も日本式にきちんと行い、顧客の信頼を得ているそうです。
「日本時代は良かった」と言われ、「私は日本人として教育された。心は日本人です」と言われると、私も嬉しくなりました。

「日本の教育制度が、世界一になった台湾コンピューター産業その他、ハイテク産業の礎になった」とも言われました。

台湾は日本から素材を買い それを加工して、世界一の産業を創り上げ、世界3位の外貨準備を持つまでになりました。
台湾は日本以上に、資源がなく、人々の勤勉さだけが、今日の繁栄をもたらしたのでした。
その基礎が日本時代の教育にあったのだそうです

台北には総督府など日本時代の建物がそのまま政府機関として、使われており、文化資産として保護されています。
親日的な台湾の人々は、本当の目的は日本の為であったにせよ、明治の日本人が台湾近代化に真摯に努力した事を、今も高く評価しているのです。
ありがたいことです。 台湾 バンザイ!

先週の答
「食中毒のもっとも多く発生する月は 何月?」

9月は食中毒のもっとも多い月である。厚生省の統計によると、細菌性食中毒患者数のうち、34%が9月に集中している。
8月  18%
7月  14%
5月  14%
10月 14%
2月  0.05%
食中毒の中でもっとも多いのが 腸炎ビブリオ食中毒で 9月の食中毒の60%を占めている。7月8月の暑い時期に多いのは 海水の温度が上がって、腸炎ビブリオ菌が繁殖する為である。
したがって、夏から秋にかけて、生の魚介類を食べる時は注意が必要である。
この食中毒は4時間から16時間の潜伏期間をおいて発病する。

吐き気、嘔吐、下痢、それと腹痛と38度台の発熱を伴う。
手当てが早いほど回復は早いが、脱水症が進むと、ショックを起こして死亡する危険がある、このほか
ブドウ球菌
サルモネラ菌
病原性大腸菌
などの中毒も多いが、ともかく、6月、7月、8月、9月は口に入れるものには気を配りたい。
三笠書房 「からだと健康」より

今週のクイズ
「とり目に八つ目ウナギは本当に効くのだろうか」
1)効く
2)効かない
3)ウナギの方がはるかに効く
4)ただの語呂合わせである
  

[total : 739]
( 15 / 25 )

番号

タイトル

掲示日

319 2009年10月第5週 「海外不動産」 09-10-26
318 2009年10月第4週 「肝臓2」 09-10-20
317 2009年10月第3週 「肝臓」 09-10-13
316 2009年10月第2週 「あこがれのカリフォルニア」 09-10-06
315 2009年9月第5週 「鳩山首相の評判」 09-09-28
314 2009年9月第4週 「会津 若松市」 09-09-24
313 2009年9月第3週 「モロッコでの事」 09-09-14
312 2009年9月第2週 「食料自給率」 09-09-07
311 2009年8月第5週 「改正 省エネ法」 09-08-31
310 2009年8月第4週 「歴史上の人物の推定 身長」 09-08-24
309 2009年8月第3週 「身長」 09-08-17
308 2009年8月第2週 「LED ライト」 09-08-10
307 2009年8月第1週 「衆議院選挙」 09-08-03
306 2009年7月第4週 「コンビニ弁当6億食が毎年捨てられる!!」 09-07-27
305 2009年7月第3週 「日本の評判」 09-07-21
304 2009年7月第2週 「アメリカ経済の現状」 09-07-13
303 2009年7月第1週 「イランの暴\動2」 09-07-06
302 2009年6月第5週 「イランの暴\動」 09-06-29
301 2009年6月第4週 「裸眼3D 立体デジタルサイネージ(液晶デスプレイ広告)」 09-06-22
300 2009年6月第3週 「世界の貧困層」 09-06-15
299 2009年6月第2週 「松下幸之助の饅\頭屋」 09-06-08
298 2009年6月第1週 「韓国人の親切」 09-06-01
297 2009年5月第4週 「台湾の事」   09-05-25
296 2009年5月第3週 「松下幸之助氏の不況克服の心得十\カ条」 09-05-18
295 2009年5月第2週 「生産の回復と日本人技術者」 09-05-11
294 2009年5月第1週 「景気改善の気配」 09-05-05
293 2009年4月第4週 「Welcome 新日本人」 09-04-27
292 2009年4月第3週 「フランス人」 09-04-20
291 2009年4月第2週 「丹頂鶴」 09-04-13
290 2009年4月第1週 「韓国側から見たWBC 2」 09-04-06

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][Next 20]

  

 

  株式会社ラブロス
All right reserved. LABROS,Inc.
TEL:03-6858-8004 FAX:03-6858-8006 E-mail:info@labros.co.jp